千葉ライフ

2011年4月21日 (木)

ひさしぶりに

 
 なんと。。3ヶ月もブログを放置してしまった。。。

 P1070004_2

 子育てにばたばたし、そんな中起こった東日本大震災に、福島原発事故。
 
 いったいどうなるんじゃーーと不安がつのり、一時岐阜の友人宅に避難も。

 なんとか落ち着きを取り戻し、いつも通りの生活を送りつつも油断ならない毎日。。。

 でも。。家族みんな、元気にやっております。。。

 そして、うちの娘は昨日で丸5ヶ月をむかえました☆

 Rin_2

 は、はやいっ。。。

 あっというまに冬を乗り越え、もう桜も散ってしまった。

 まったく目が離せない毎日で、家事だけでいっぱいいっぱい。

 ものづくりからもだいぶ離れてしまった。。

 出店なんてとうてい無理だったdash


 でもなんかつくりたいなぁ。。と思っております。

 昼寝時間が安定したら,時間とれるかしら。。?

 やりたい事いっぱいあるんだけど、思うようには行きません。。

 でもそれ以上の幸せいっぱいもらってるから仕方ないね♡

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

.**☆ 2011 ☆**.

Ume_4

 

 1月ももいう半ば過ぎになってしまいましたが。。
 
 みなさま、あけましておめでとうございます。

 今朝は雪がちらつき、今シーズン1番の冷え込みっぷり。
 
 でも我が家の梅は花を咲かせています。

 
 

 娘が産まれてからというもの

 時間はあ〜〜っという間にすぎていきますが

 1日1日がものすごく大切で

 日々成長していく娘をあたたかく見守る毎日です。


 
 
 ..::::.+**☆ 本年もよろしくお願いします ☆**+ .::::..


 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月14日 (火)

☆ あたらしいイノチ ☆

 ○ 2010年 11月21日 無事 長女を出産しました ○


Lin9
                        (生後3日)

 予定日を5日過ぎ、まだかまだかとどきどきしていたある日
 ついに陣痛はやってきてくれました。

 お世話になった矢島助産院ではいつも
 『お産は別世界へいくこと』だと教えていました。

 別世界。。つまりは理性や知性を捨て、本来の動物的本能を発揮し
 女性という動物に還るということ。。。

 確かに私たちは人間である以前にほ乳類という動物であり
 お産という行為を頭で考えてみても
 まさかあんなとこからこんなものが。。と
 別世界にでも行かない限り普通には理解しがたい事であるのは事実。

 そして、そんな別世界体験を私はひそかに楽しみにしていましたが
 いざそのときをむかえてみると、それはそれは強烈な体験でした。

 あんなに大声をだして、あんなに汗をかきまくり
 あんなに必死になったことっていままであったかしら。。??

 いよいよ本格的に陣痛が進んでくると
 矢島先生と助産師さん2人にダンナの計4人が
 やさしく私の体をさすりながらゆっくり呼吸をリードしてくれて

 でももう誰がどこにいるのか誰の声なのか
 なにがなんだかわからなくなりながら
 ただただ自分の体に波打つ陣痛の流れに集中し
 必死に必死に無我夢中でいきみ、叫ぶ。

 そして最後には自分の骨盤がぐぐっと開くのを感じ
 ついに赤ちゃんがすぽんとでてきて
 それをすぐに自分で抱きかかえて胸にのせて。。。

 ぬるっとした、あたたかいイノチがそこにはあって
 お産の充実感、達成感とともに、ものすごい幸福感がわきあがり
 ああ、やっと産めた、やっと出て来たと
 こころからほっとした瞬間は一生忘れないと思う。

Lin5

 国分寺のごく普通の住宅街にある矢島助産院。
 これまたごく普通のお宅のごく普通の和室で
 リラックスしてお産ができたことを本当にうれしく思います。

 そして産後の入院時の快適な事!!
 野菜中心のおいしいご飯に、心配事になんでも対応してくれる
 あたかかく心強い矢島助産院のスタッフたち。

 居心地が良すぎて、もうしばらく入院していたいと思ったくらい!


 まだまだ新米ママでわからないことだらけだけど
 きっとこれからたくさん、幸せで楽しい事が起こるんだろうなと
 わくわくしています。
 (もちろん大変な事も山ほどでしょうが。。)
 
 どうぞよろしくね☆
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

ふたばがポン

F8

去年ひょうたんを植えていた所のこぼれ種から
双葉がぽんとでてきたよ。

ひょうたんの双葉って、なんだか絵に描いたような
まさしく双葉ってな形で
見つけてなんだかとってもわくわくした。

たった一粒のちいさな種から
土と水とおてんとさまの力で
双葉から本葉がでて、ぐんぐん大きくなって
そして花をさかせ実をつけ、やがて枯れていく。

そんな、当たり前のようで実に神秘的な
めぐる生命の物語の
最初の一歩を踏み出した 双葉が本当に愛おしく思えた。

最近は少しづつハーブや野菜の種をまいて
まだかなまだかなと、毎日芽が出ていないかと庭を回ってみたり
小さな変化にいちいち感動しては
いつも心を和ませてもらってるよう。

F5

こつこつ作った畝も、だいぶ土地いっぱいになってきた。
トマト、ナス、キュウリ、サツマイモの苗と
枝豆、インゲン、オクラにバジル、カモミールの種をまいた。
今は裸ん坊みたいなこの畑も
真夏にはジャングルのようにあおあおとしてくるはず。

F4

畑のはじっこでは、こぼれ種から芽を出したパクチーが
もう花を咲かせているよ。

F7

ルッコラもぐんぐん成長して

F6

ニゲラも咲いた。

F1

知らない間にアヤメも咲いてた。

F3

F2

大好きなトケイソウもたくさんつぼみがついて
なんておもしろい形の花!!
(だけど今年は大量発生した黒い毛虫にぱくぱく葉っぱを食べられて
 もう一株のトケイソウは瀕死の状態に。。。)

F9

ゆずの花もまさに満開。

家の敷地がもっともっと緑でいっぱいになればいいなって。
少しづついろんなもの植えていこう☆

そして今日は ”国際生物多様性の日”だって。
今年の10月には生物多様性条約第10回締約国会議という
生物多様性を維持するため、国際社会が何をすべきか話し合う会議が
名古屋で行われる。

どんな生命もそのものだけで生きていく事などできず
たくさんの命と命がかかわって循環してこそ
私たちが生きていけることにつながる。

しかし世界では、地球史上例を見ないほどの
なんと年間4万種という驚異的なスピードで
大量絶滅が進んでいるという。
しかもその原因は私たち人類にある。

せめて私の小さな庭に
息づく命の循環が
狂ってしまわないように。。
いつも自然に感謝しなくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

☆ 2010 ☆

Umi

新しい年がやってきました。
あけましておめでとう!

新年早々はスイス在住の大親友、kanaちゃんが
旦那と子供をつれて帰国し、千葉に数日間滞在していたため
入れ替わり立ち代わりたくさんの友達がやってきては
毎晩どんちゃん騒ぎと なんとも幸せなスタートの2010年。

自分的に *nuts* のものづくりや出店、プライベートに至まで
とても充実していた2009年に引き続き
今年も更なる発展と成長をめざしながら
日々穏やかに過ごせていけたらと思っています。

☆ どうぞ今年もよろしくお願いします ☆


2009年の *nuts* 作品集をまとめてみました。
左バーからどうぞご覧下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

で、でたぁぁっ!

Photo

 今日もいつものように畑の手入れをしていると
 蛍光きみどりの物体にぎくり!
 去年もトマトで見つけたおばけいもむしくんです。

 さっそくネットで調べてみると
 クロメンガタスズメ というスズメガの仲間らしい。
 
 それにしても大きい芋虫で、今日見つけたやつでもすでに
 体調10センチは超えている。
 見つけた瞬間はその大きさと存在感に一瞬ぞっとするほど。
 おしりのとげがいかにも強そうで、堂々とした威厳をはなっています。
 
 成虫は胴体太めのいかちい蛾で、色もこげ茶っぽく渋めで
 目がおおきくこれまた強そう。ミツバチの巣を襲うそうです。
 そして名前にあるように頭の後ろに顔のような模様があります。
(とてもかわいいとは言えないのでここではあえてのせませんが)
 
 しかし本当にきれいな色をしています。
 少し透明感のある鮮やかな黄緑に、背中には青い斑点模様があります。
 これがちょうちょだったらさぞかし成虫は美しいだろうに、、、。
 と思いたくなりますが実際は蛾です、、。
 でもしばらく観察してみます。
 食欲も旺盛なのでこれからどんどん太るでしょう。

 
 ついでに今年のひょうたんちゃん。
 いい感じに大きく育っています。
 このなめらかな曲線美には毎日うっとりです。
 
 

Photo_2

 雨蛙より大きめのかえるちゃん。
 よくトウモロコシの葉の上で寝ています。

Photo_3

 しかしこのトウモロコシ。
 アワノメイガという蛾の幼虫の被害にあっています。
 去年も同じくやられたので早めに対策をとればよかったんですが、、。
 茎や実にはいって食べ荒らされます。
 表に出ているのならつまみとれるのだけど
 中に潜り込んでいるのでとれません。
 しょうがないので幼虫の食べ残しを私が頂く形になります。
 しかもこの幼虫はわたしの苦手とする白っぽいやつで
 (カブトムシの幼虫系)収穫後、皮を剥いだときにでてくると
 きょぇ〜!という感じです。
 まー虫がつくほど安全でおいしいということで納得するしか
 ありませんが、、。
 収穫まで実が残ってるといいなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

我が家の庭

 今日はお家の花や虫たちを紹介!
 暖かくなり雨もたくさん降って生き物たちは活発。

 Photo

 ナスタチウムの濃いい朱色は本当に鮮やか。

 Photo_2

 今年大人になったちびかえる。
 ちっちゃくってかわいいの!

 Photo_3

 くもはあちこちに巣をはります。

 
 Photo_4

 かめむし交尾中。

 Photo_5

 こちらもちびかたつむり。

 
 Photo_6

 とうもろこしの葉っぱの中からこんにちは。

 
 Photo_7

 ほんとに大好きな花ニゲラ。

 
 Photo_8

 ガザニアも鮮やか。

 
 Photo_9

 これなんだっけ?むらさきぶどう?
 ちっちゃな花がいっぱいついてる。

 
 Photo_10

 またいた!!

 
 Photo_11

 誰これ?しゃくとりむしかな。

 
 Photo_12

 ホクシャのかたちおもしろい。

 
 Photo_13

 やっぱりアゲハはいいな。

 
 もっともっとお庭が花でいっぱいになってほし〜な!
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

アゲハ

 今朝 庭を歩いていると 
 視界に鮮やかな色がとびこんできて
 はっと 目をやった。

 近寄ってみると
 そこには さなぎから羽化したばかりの
 アゲハチョウがいた。

 まだピンとのびきっていない羽は
 今朝の強い風にあおられて うまく飛べないようだった。

 彼女(彼かも)は羽化するタイミング 
 あるいは場所をまちがえてしまったのか
 このまま放っておいたら危ないと思い
 人差し指にとまらせて 家の中へ連れて行った。

 風の心配のない 家の中で
 ゆっくりと 呼吸をするように
 羽を ひらいたり とじたり。
 
 こんなチャンスはめったにないと
 しばらく人差し指に アゲハをぶら下げて観察してみた。

 
 
 

 Photo


 Photo_2


 信じられないほどに美しく
 信じられないほど繊細なつくり

 胴体の産毛や 蜜を吸うストローの口
 羽のきれいさも半端ではない。

 この小さないのちに
 はかりしれないたくさんの要素がつまっているようで
 わたしの意識は 遠くにとばされた感じがした。

 指から部屋の安全な場所に アゲハを移動させて
 こまめに様子を見て。。。


 Photo_3

 数時間たったあと
 羽がすっかりのびきった
 元気なアゲハチョウが 外へ出たいと
 窓の網戸のところで ぱたぱたと飛んでいた。

 網戸を開けると 羽化して最初の蜜を吸うべく
 ひらひらとんで
 その姿に なんだかとっても幸せな気分になったのでした。


 Photo_4

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

ひろいもの

 昨日はmacoとビーチにひろいものへ。

 まずはうちから車で30分ほどの、あるビーチへ。


Chiba1

 ここは小さな湾になっていて
 
 波が高いので泳ぐことはできないけど

 海岸にたくさんの小さな貝が落ちている。

 どうやら私は小さなものを集めるのが好きらしく

 いつもビーチにいくとひろいものばかり。

 なにかに使えるかも?と波に削られた小さな貝の破片を

 ひたすらひろいまくる。

 原型をとどめず、削られ、かどがおちた貝は

 想像力を刺激し、自分の中になかった

 新しい形のヒントや発見になったりする。

 その刺激を求めてか

 すでに貝のストックはいっぱいなのに

 いつもたくさんひろっては帰ってながめてにんまり。

 
 今回はさらなる開拓地をもとめて別のビーチへも。

 そしてなんとそこには

 大量の貝とビーチグラス、さらには流木までもが

 たーくさん!

 ふたりして大興奮しながら抱えられる限りの

 海からの贈り物をひろって帰ったのでした。

 ビーチは宝の山。

 
Chiba2

 大量!

Chiba3_2

 こちらも大量です!! うれしい!

 さてさてこれらは何になるんでしょー?

| | コメント (0) | トラックバック (0)